[プライベート]THEドラえもん展 TKAOKA2018

記事リンクはこちらから↓





つい最近の休日ですが、

高岡市というところの高岡美術館でやっている展覧会に行ってきました。

『THE ドラえもん展 TAKAOKA2018』

(詳細はリンクをクリック)

 

 

2017.11〜2018.1まで東京で行われてたのが

THE ドラえもん展 TOKYO 2017

(こちらも詳細はリンクをクリック)

 

高岡市には「ドラえもん」がいっぱい!!

藤子・F・不二雄先生のふるさとはなんと富山県高岡市!

偉大な人が同郷出身は嬉しい!

先生の作品ではみなさんご存知の

ドラえもん』『オバケのQ太郎

『パーマン』『キテレツ大百科』など

数々のヒット作を生み出したお方!

故郷高岡市にはドラえもんがいっぱい。

 

<ウイング・ウイング高岡 市立図書館前>

出典:富山県観光ナビ とやま観光ナビ

 

 

 

 

 

 

 

 

<高岡おとぎの森公園>

出典:富山県観光ナビ とやま観光ナビ

<市内電車「万葉線」>

出典:富山県観光ナビ とやま観光ナビ

などなど、

所々に出現しまています。

 

 

THE ドラえもん展 TAKAOKA2018 レポート

ドラえもんって子供向けじゃん!笑

そう思われたかたも。

しかし僕も妻もワクワクです。

なぜなら国内外で活躍する28組のアーティストによる「ドラえもん」

有名どころで言えば蜷川実花さんの作品

「ドラえもんと一日デート」という写真作品。

コンプトとアイディアが面白い!

 

作者の世界観がすごすぎて、芸術の中にドラえもんがいる

って感じでした!

楽しみどころとしては、

ドラえもん:芸術が50:50とういうところですかね!

「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」レポート掲載記事ありましたので貼っておきます。


本日開幕「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」徹底レポート

(詳細はタイトルをクリック)

2017年11月01日 (水) 11:00 HMV&BOOKS online

 


 

僕が好きだったのはこれ!

近藤智美さんの作品『ときどきりくつにあわないことするのが人間なのよ』

 

実際にはもっとアップしたい作品があったのですが、撮影禁止の箇所もありそれらはNG。

物販ブースでは出典作品のデザイングッズ等も販売していました。

まだまだ開催していますのでぜひ足を運んでみてくだい。大人だけで行っても間違いなしです。

以下が現在開催中の「THEドラえもん展 TAKAOKA 2018 」概要です!


THE ドラえもん展 TAKAOKA2018 概要

「THEドラえもん展 TAKAOKA 2018 」

開催期間:H30.3.16〜H30.5.6

開館時間:9:30~17:00(入場は16:30まで)

※月曜休館(ただし、3月26日、4月2日、4月30日は開館)

会  場:高岡市美術館

主  催:THE ドラえもん展 TAKAOKA 2018 実行委員会

(高岡市、高岡市美術館・高岡市民文化振興事業団、北日本放送)

観覧料 :一般1,300円、中学・高校生1,000円、4歳~小学生500円、シニア(65歳以上)1,100円

団体割引(20人以上):一般1,100円、中学・高校生800円、4歳~小学生400円


 



 

 

記事リンクはこちらから↓