team

[ビジネス]クラウドファンディングとは?(初心者向け)

記事リンクはこちらから↓




今回また違う視点から記事を書いて行こうと思います。

最近になってこの言葉を耳にする方も多いのでは?

「クラウドファンディング」

”なんか難しいそうだな”

”そんなのわかんないや”

”ITに詳しい人向けの言葉だろ”

そんなことはありません!

むしろ画期的で私たち庶民にとても実は身近なサービスになっているんです!

誰でも参加できるし”難しい”って壁はないんです。

そんなクラウドファンディングを紹介します。

みなさんの可能性にトライです。


クラウドファンディングって?

「Crowdfunding(クラウドファンディング)」

=「Crowd(群衆)」+「Funding(資金調達)」

つまり群衆による資金調達が語源になっています。

 

どいうものなの?

起業者(企業または個人)が

”こんな事をしてみたい!”

”こんなモノを商品化してみたい”

と言うものに対して一般の支援者から資金提供してもらうシステムです。

従来であれば、起業や新規事業を行う場合、

必要資金は銀行などの金融機関や企業や個人投資家などから資金調達します。

もちろんですが融資を受けるとき、

出資者側はその事業の事業計画を見て”成功”を精査して行くわけで、

企業の実績や財務状況など信頼に基づき決行されます。

(普通に考えて、リスクのあることに多額のお金は出資しませんよね)

なので日数を要する上に、個人や企業の信頼がないと狭き門となってしまいます。

しかし、クラウドファンディング はソーシャル上で一般の方から資金調達を可能にし、資金提供する側も少額でもそのプロジェクトの出資者になれると言うことです。

クラウドファンディング は、面白い!興味ある!応援したい!

などの部分にフォーカスし資金調達や起業、事業拡大などのハードルを下げ、

面白いアイディア眠っている価値世の中に出回る事を支援します。

 

クラウドファンディングの分類

大きく分類して3つの形態に分かれます。

「寄付型」:基本的にリターンがない。国際協力や環境保護などの社会貢献で利用されること多いです。

「投資型」:中でも貸付型、ファンド型、株式型に分類。事業に出資するこどで金銭的リターンがあります

「購入型」:購入者から代金を集めて事業を行い、出資者には製品やサービスを提供します。

一般的に購入型が需要があると思います。

 

メリットは?

起案者にメリットはあるけど支援者のメリットが…と思われるかもしれませんが、

そこは投資と同じで基本的にはリターンが用意されています。(寄付型以外)リターンには金銭的なリターンもあれば、物やサービスによるものもあります。

また資金を提供した人は、そのプロジェクトの出資者・支援者になれるわけです。

世の中の大ヒット作に目をつけていたとなると満足感も得られるでしょう。

 

どこでできるの?

運営サイトにてプロジェクトを実行することができます。

運営サイトは以下の「起業者」と「支援者」を仲介する役割です。

プロジェクトを立ち上げる「起案者」

資金提供を行う「支援者」

にて成立っています。

参加者はどちらかを選択できますし、もちろん両者になることもできます。

運営サイトはサイトは以下の通りです。

現在いくつものサイトがありますが僕個人では以下がオススメです。

・CAMPFIRE

・Ready for

・Makuake

細かいサイト概要や比較はそれぞれで検索してみてください。

現在多種多様なプロジェクトが起案し、そして成功しています。

各サイトの行っているプロジェクトを見るだけでも面白いですし、

個人の可能性を視察していけると思います。


最後に

クラウドファンディング はフィンテックでもあり、

リテイルティックである。

 

金融革命であり、流通革命である。

これはMakuake(マクアケ)代表の中山亮太郎さんの言葉です。(書籍:クラウドファンディング革命より)

こういった”新しいシステム”から、

個人が持つ”小さな価値”にも発信できるチャンスが来ています。

それと”小さな価値”は本来のいいモノ”本当の価値”を世の中に送り出すことに繋がります。

少し長くなりましたが、

ぜひ小さな一歩でもトライしてもいいと思います!

 

記事リンクはこちらから↓