[書籍紹介](クラファン関係)革命のファンファーレ/西野亮廣①

記事リンクはこちらから↓





前回ブログではクラウドファンディング サイトを運営しているサイトのお話

(前回記事を見るにはここをクリック)

今回紹介するのはクラウドファンディングにてプロジェクトを成功させた方のお話。

こちらも大好きな著書なので2回に分けて紹介します。

革命のファンファーレ/西野亮廣

皆さんご存知、お笑いタレントのキングコング西野さんの書籍

まずは西野さんのイメージは、

学生時代から見ている芸人の印象が強いから、面白いって感じです。

最近では特に劇団ひとりさんとの絡みがたまらなく好き!

(どの番組か想像つく人も。笑)

そしてSNSの「炎上」。

といったものが皆さんあるかもしれないし、

TV等メディアで目にする西野さんは物事をはっきりさせる猪突猛進スタイル!

(個人的には堀江貴文さんに近い人物像だなと思っています)

いろんな人とぶつかっている姿も見たことあるかとは。

このイメージは冒頭を読んですぐに一変します。

変化を求め行動している。衝突は覚悟のうえ。

一言で言うと”成功者”。

読み終えた頃には考えたかも、行動力も”すごい人”に変わっています。

 

本の内容

内容自体は、

クラウドファンディング を実施してプロジェクトを成功させた事例もあれば

サブタイトル「現代のお金と広告」にもある通り

西野亮廣の現代のマーケティング論、人生論もある。

クラウドファンディングの参考というより、

ビジネスの考え方、アイディアといった部分でかなり参考になる書籍です。

 

まず冒頭から、

頑張れば報われる時代は終わり、変化しなければ生き残れない

変化しなくてもよかった世代の常識と激突することを受け入れる。

それこそがSNSでの「炎上」に繋がっている

「炎上」=「変化することへの恐れ」

その通りです。

皆さんもそろそろ感じてきているとは思いますが、

今時代の進化のスピードはめまぐるしいです。

そして多様的です。

既存のビジネスで生き残る方が難しい。

僕は地方企業で働いています。

経営陣のいうことというと「数字」

これはどこも一緒で大切なことかもしれません。

新しいことやるとなると”採算はあるのか”とか”他はどこがやっている”など

「新しい事への壁」がものすごく感じます。

そのために一所懸命書類を作っても「そんなの俺は分からない」と聞いてもらえないことも。

つまり、既存のビジネススタイルにすがり「挑戦へのリスク」を取れていない。

そうこうしている間に時代のスピードに置いていかれ

「リターン」すら取れない。

そんな堅物たちが世の中の変化に順応できず「炎上」を仕掛けているのかなと。

そんな西野さんがやっていること、それは絵本作家です。

その活動でクラウドファンディング を利用した作品が、

『えんとつ街のプペル』

この作品製作を行った中での、「お金と広告」についての考えかた。

ビジネス戦略やマネタイズ(収益化)を学べます。

今回ブログで興味が湧いた方、是非読んで見てください!

この書籍にも『変化』がたくさん詰まっています。

次回ブログもお楽しみに!!では!

 

(過去書籍に関する記事を見るにはこちら)

(ビジネス/テクノロジーに関する記事を見るにはこちら)

 

記事リンクはこちらから↓