[書籍紹介]世界をつくり変える男 イーロン・マスク

記事リンクはこちらから↓




「世界をつくり変える男」このキャッチフレーズがふさわしい

イーロン・マスク

イノーべションを起こし続ける男を語る上でこの人物は欠かせません。

僕も憧れる人の一人です。

とにかく”ヤバい”

この人には「常識」という言葉は通用しません。

今回紹介する書籍、

「世界をつくり変える男 イーロン・マスク(著:竹内一正)」

イーロンがどんなことに挑戦し、

事業を行ってきたか、そしてどんな人物すぐにわかる本です!

 


イーロン・マスクという人物

PayPal(オンライン決裁システム)

テスラ・モーターズ(電気自動車事業)

スペースX(宇宙事業)

ソーラーシティ(太陽光エネルギー事業)

Neuralink(脳科学事業)

と複数事業を行っている実業家です。

しかもどの事業をとっても画期的。

「未来」を「現実」に変革してきたイーロン・マスク。

イーロンが世に生み出したものは時代を変えていきました。

 

ポルシェより早いEV車開発

「電気自動車の年間販売台数を1億台にする」

「新たに購入する人は、すべで電気自動車になる」

環境問題が注目される中、EV車市場へシフトさせると始まります。

EV車は”カッコ悪い…”ということでそのフォルムや機能性にもこだわります。

そして発売した「ロードスター」は最高時速210㎞。

スピードを競えばポルシェを圧勝。

現在は「ロードスター」に加え「モデルS」「モデルX」「モデル3」と次々と発売してきました。

テスラを話す上で欠かせないのが最新の情報技術を搭載していること。

自動運転のソフトウェアを搭載しています。

  • 自動運転が可能なオートパイロット
  • ウインカーを出せば自動的に車線を変更するオートレーンチェンジ
  • 縦列と直角の駐車が可能なオートパーク

さらにすごいのはソフトウェアを最新にアップデートできること。

もともとプログラミングを10歳の時に独学で始めたIT出身者。

強みを自動車にも取り入れました。

 

宇宙開発事業

宇宙事業の目的を簡単にいうと、「必要な物を届け、受け取ってくる」という両方の宅配便。

従来であれば、いわば「片道切符」

それを一回で両方を行う「往復切符」にするわけです。

もう一つは開発コスト。

「100分の1」という目標値

それまでNASA、国防総省、国家組織や巨大企業が宇宙事業を独占。

契約内容や資金の流通経路などはブラックボックス。

その権利渦巻く中に民間会社が入っていくわけです。

安くて安全、しかも税金の削減ともなれば誰も文句は言えません。

そのような理念のもとロケット開発がスタートしていきます。

ですが、最初のロケット「ファルコン1」を打ち上げてから幾度なく失敗を繰り返します。

改善に改善を重ね、スペースXの宇宙船ドラゴンは地球に帰還することに成功しました。

驚くのは、また再利用できるという点。ここもさらなるコスト削減に効果を及ぼします。

現在に到るまで、

物資輸送の実績は50を超えています。

開発コストも10分の1まで実現しています。

 

人工知能と脳

個人的に興味があるのは「Neuralink(ニューラリンク)」にて行っている事業。

人間の脳と人工知能(AI)を接続するという事業。

脳内に微小なデバイスを埋め込んでコンピュータと接続するというシステムです。

イーロンマスクはシンギュラリティを懸念しているというのは以前のブログでも紹介しました。

 

(関連記事をみるにはこちら)

[テクノロジー]AI 人工知能とは?①(初心者向け)

[テクノロジー]AI 人工知能とは?②(初心者向け)

 

その対策事業ともいえます。

こうやって聞くと高価なもので一部の人しかできないだろうと思うかもしれませんが、

「目のレーシック手術くらい安価に」が目標とのことです。

僕も実現すればチップを埋め込みたいです。

 


まとめ

最近でもテスラの自動運転車に関するニュースを度々みます。

以前にもありましたし、ロケット事業でも幾度なく失敗を繰り返し、成功しています。

イーロンマスクは未来を描きます。

その未来は現実になると彼自身は分かっています。

だからこそ、

信じて挑戦し続ける「常識」外れな行動力

何度失敗しても諦めない不屈の精神

が生まれるのだと思います。

そんなリーダーには優秀な部下がたくさん集まります。

そして”自分かテスラを支える”という強い信念が働き手をも支えています。

現代はイーロンの思想に近づいて来ています。

そして時代が追いつく頃にこの人物はまた数歩先の未来を描き、現実化していくはずです。

想像を超える”ワクワク”を世に生み出し続けるでしょう。

この人物のアップデートも止まることはないでしょう。

 

 

 

記事リンクはこちらから↓