[テクノロジー]自動運転(先端技術)

記事リンクはこちらから↓




旬なテーマでもあるのが自動運転です。

凄い時代がきてますね!

最近は自動運転に関する記事は毎日多く掲載されています。

ウーバーやテスラのように事故事例が掲載されることが多くネガティブなイメージを持つ方も。

しかし、革新的な技術であることは間違いなく、世界各国で自動運転の開発が進められ、日本でも2020年から25年の普及を目指し、法整備や規制の方向性を整えています。

自動運転はまだまだ発展段階であり、各自動車メーカーも市場にも多額の開発費を支払っているのが現状です。

そんな自動運転をテーマにまとめていきますのでどうぞ!


自動運転の定義

まず、自動運転はレベル0~5段階で定義されます。

《自動運転の定義》

  • レベル0(ドライバー運転)
  • レベル1(運転支援)
  • レベル2(部分自動運転)
  • レベル3(条件付自動運転)
  • レベル4(高度自動運転)
  • レベル5(完全自動運転)

このように現在ではレベル2からレベル3に向けて整備されている段階にあたります。

現在では加減速調整やステアリング操作などの運転サポートを搭載された、いわゆる「レベル2(部分自動運転)」までのモデルが概ね。レベル3になると特定の場所(高速道路)における交通状況を「認知」し、運転操作の行います。緊急時やシステム作動困難な場合に運転する必要があります。そしてレベル4、5となると完全に自動運転になる。レベル5に到達すればハンドルもアクセルもなく「運転手不要」となります。

日本では2020年に向けてレベル3の実現を目指していて、未来投資会議でも具体的な法制度整備に着手すると指示し、2019年にも関連法案を国会に提出する予定です。基準も定める上で自動運転の速度の上限やルート、時間、天候といった条件も重要です。制御システムの性能やサイバー攻撃への耐性などを整える必要があると考えています。

 

テスラの自動運転システム

 日本で初めて国土交通省の承認を受け、公道での利用が可能になったテスラモーター社のオートパイロット(自動運転車)です。オートパイロットはアクセル・ブレーキ、ハンドルを自動操作してくれるものである。テスラ社はこの分野で一歩先をいく企業です。搭載された8台のサラウンドカメラは、360度の視界と、最長250mまで先を視認し、12個の超音波センサーは物体を高い精度で検知し、カメラの視界を補完します。豪雨、霧、塵や前方を走るクルマをも見通すことが可能な最先端のプロセッシング技術のフォワード フェーシング レーダーはさらなる情報を認識を行います。

これらのハードウェアから得られるすべてのデータを解析するために、テスラの開発した視覚、センサー、そしてレーダー プロセッシング ソフトウェア用のニューラルネットを新型車載コンピューターが管理しています。

注目なのはテスラ社のオートパイロットはソフトウェアであるということ。オートパイロットの自動運転に関するシステムや機能が改善されればソフトウェアをアップデートし常に最新の機能に更新し活用することができる。

 また、テスラ社は自社設計のAI(人工知能)チップを独自開発しており、それを自動運転のAIソフトウェアとして動かすと発表している。この技術により「人間の運転の10倍は安全になる」とCEOイーロンマスクがコメント。AIのディープランニング(深層学習)技術は画像認識やパターン認識を得意とするので、カメラから得られたデータを解析し、自動運転の制度をAIが引き上げる。

 

 

日本での取り組み

日本の各メーカーも「レベル3」相当の実現に取り組んでいます。

日本大手トヨタは20年代前半に一般道での自動運転実用化を目標に、日産は22年までに完全自動運転を実施すると公表している。

具体的な取り組みとして、

トヨタは「Highway Teammate」

日産は「プロパイロット3.0」

ホンダもレベル3相当を実用化に向け自動運転技術を計画開発中です。

自動運転に必要な技術としては、上記のテスラ社オートパイロットで紹介したが車載カメラや周辺を察知するセンサーの高性能化が必須であり、各パーツでも開発市場は拡大しています。

また、位置情報を自動運転に活用することもできます。

悪天候時でも運転可能な対策として、三菱電機準天頂衛星「みちびき」を利用した測位信号地図情報(3D)を使った自動運転技術を開発中。

また、日立オートモティブシステムズでは、ステレオカメラ車載カメラを屈指したシステムを開発中。これは、カメラで撮影した車両周囲の画像とGPSの情報を擦り合わせることで車線が途切れた場合でも自車位置が推定できるものです


まとめ

自動運転車が普及し、技術も進化することで交通事故は今より減少すると言われています。

また交通渋滞が減り、移動時間が短縮するという見方もあります。

高齢者や若年者、障害者でも気軽に使用することができ、快適な移動手段となって行くでしょう。

最近では自動運転車の事故の話題や誤認など課題の整備は山積みですが、改善を進め実用化に近づいているのは間違いありません。さらなる進化に期待したいですね!

 

記事リンクはこちらから↓