money

[Money]NISA(ニーサ)って何?非課税制度を使って効率的に資産を増やそう!

記事リンクはこちらから↓





株式投資や投資信託など投資の種類については前回ブログにて紹介しました。

(前回記事:[Money]投資の基本#1(投資って?)
(前回記事:[Money]投資の基本#2(投資対象の種類)

投資を行ううえでNISA(ニーサ)は活用しなきゃ損なんです!
何と言っても魅力は非課税!
そんな「NISA」についてや、
今年(2018年)1月に開始した新しいサービス「つみたてNISA」も紹介します。
資産をこつこつ”貯める”からこつこつでもいいから”増やす”時代へ!
投資の道へ一歩踏み出しましょう!
ダンス貯金なんてしてたってメリットないですよ!


NISA(ニーサ)とは?

まず!「NISA」も投資の一つです。
通常通り、株式や投資信託を売買します。
通常であれば株式取引や投資信託で得た利益(売却益)や配当金、分配金に所得税がかかってきます。
それも20%です。つまり10万円利益が出た場合、2万円の税金が課せられます
しかしNISAの場合、利益等が課税対象ではありません。
つまり儲かった利益に税金がかからない!まるまる手元に入ってきます
そのことからNISAは「少額投資非課税制度」と言います。
なぜ少額かと言うと、投資額の上限が設定されているためです。
当然ですが無制限というわけではありません。
以下で紹介しますが、NISAでも種類がありそれぞれに投資上限が設定されています。
それでは詳しい紹介していきます。
(ちなみに「NISA」という名前は、最初にイギリスが導入した「ISA」を参考に作った名です。)

NISAの種類

NISAは以下の種類があります。

①NISA

②つみたてNISA

③ジュニアNISA

一般成人以上は①か②どちらか1つのみしか口座を持つことができません。
③は0歳から19歳までの口座になります。
「NISA」「つみたてNISA」どちらかを選び1人1つのみ口座所有できます。複数口座を持つことはできません
「ジュニアNISA」でも1人1口座となります
2015年より、運用するNISA口座の金融機関や証券会社は1年ごとであれば変更可能になりました。
なので◯◯銀行で作ったNISA口座だけど今年は〇〇証券に変えようということができます。

NISA

2014年1月から始まった非課税投資制度です。
対象は20歳以上で1人1口座になります。
年間120万円の投資額が最長5年間 非課税対象となります。
つまりは合計600万円分の投資額に対してとなります。
投資対象は株式・投資信託(ETF,REIT等含む)などに投資できます。
NISA口座は2014〜2023年まで口座開設可能です。
今年2018年に口座開設したのであれば2021年まで非課税期間が有効となります。

サービス開始:2014年1月
対象年齢  :20歳以上
年間上限額 :最大120万
非課税期間 :5年間
開設可能期間:2014年〜2023年

 

つみたてNISA

2018年1月から始まった新しい非課税投資制度です。
対象は20歳以上で1人1口座になります。
「つみたてNISA」と「NISA」が違う点は、中長期投資、積立を目的としています。
なので年間40万円の投資上限額最長20年間 非課税対象となります。
20年間で最大800万円分の投資額となります。
しかし長期的な運用を行うものなので投資対象は株式投資信託とETFに限定されます。
NISA口座は2018〜2037年まで口座開設可能です。
今年2018年に口座開設したのであれば2037年まで非課税期間が有効となります。

サービス開始:2018年1月
対象年齢  :20歳以上
年間上限額 :最大40万
非課税期間 :20年間
開設可能期間:2018年〜2037年
※前述でも述べましたが、「NISA」口座を持っている方なら「つみたてNISA」に申し込むことはできません。
どちらか1つのみ口座開設できます。

 

ジュニアNISA

2016年1月から始まった新しい非課税投資制度です。
対象は0歳〜19歳までで1人1口座になります。
目的自体が子供・孫に向けた長期投資ということで
口座開設者本人(未成年者)の二親等以内の親族(両親・祖父母等)が代理運用します。
年間80万円の投資上限額
最長5年間 非課税対象となります。
5年間で最大400万円分の投資額となります。
投資対象は株式・投資信託(ETF,REIT等含む)などに投資できます。
子供のNISAなので制限があります。
非課税投資期間が終了しても子供が18歳になるまで引き出し制限がかけられます。
18歳になった時に払い出すか、20歳以降は本人口座としてNISA口座が自動開設されます。
NISA口座は2016〜2023年まで口座開設可能です。
今年2018年に口座開設したのであれば2037年まで非課税期間が有効となります。

サービス開始:2016年1月
対象年齢  :0歳から19歳(2親等以内が代理運用)
年間上限額 :最大80万
非課税期間 :5年間
開設可能期間:2016年〜2023年

 

 

NISA比較表

3つのサービスを一覧表にまとめてみました。
比較するとつみたてNISAが最大投資額的にメリットがあるように見えます。
しかし投資できる対象が投資信託だけということが幅の小ささを感じます
長期的に寝かしておくというのならいいかもしれません
本格的な投資の入門とするならNISAがいいでしょう。
株式投資銘柄や投資信託商品も豊富で通常の取引と同様に取引ができます。

NISA  つみたてNISA  ジュニアNISA
 サービス開始  2014.1  2018.1 2016.1
 対象年齢  20歳以上 20歳以上 0歳〜19歳
※2親等以内代理運用
年間上限額  120万円 40万円 80万円
非課税期間 5年間 20年間 5年間
期間投資可能額合計 600万円 800万円 400万円
口座開設可能期間 2023年まで 2037年まで 2023年まで

 

 

NISAの始め方

NISAを始めるときは口座を開設する必要があります。
口座開設は、銀行などの金融機関、証券会社などで必要手続きをしなくてはなりません。
口座が開設したら、投資する商品を決めて取引スタートです。
NISA口座はどこで開くのがいいの?
僕の場合、オススメはネット証券一択です。
ネット証券は取扱い商品や株式銘柄数が圧倒的に多いです。
銀行など金融機関は投資信託商品のみ取扱うところも多いでしょう。
しっかり選ぶことができ、選択の幅も広がります。
自分で選び自分で決めるのは大変かもしれませんが、それをやっていかないと投資では上手くいきません。
また、他人の意見を鵜呑みにしていても同じことが言えます。
また、同時に証券口座も開設することをオススメします。
非課税枠をめい一杯使うのであれば、余剰分は通常の取引をしたり、
NISAは長期投資、短中期的に通常の取引をしたり、
使い分けてみてはどうでしょうか。
ちなみにNISA口座は1人1口座ですが、証券口座は複数持っても構いません。

 

NISAの活用法

非課税って本当にメリットなんです。
なので非課税投資枠は有効に活用したい。
あくまでも個人的な見解でが、、
僕は株式取引を主で行なっているため「NISA」口座を開設しています。
昨年度の短期中期的に取引しています。
1銘柄や1商品を1度売買すると年間の投資可能枠120万円がもちろん減っていきます。
ですが本格的に投資したい人はNISAでいいでしょう。
中長期的運用に家計の資産を増やしたいのであれば妻に「つみたてNISA」を
子供の将来的な資産運用と思えば「ジュニアNISA」を
ってことでもいいと思います。
非課税枠は有効に活用しましょう。

 

オススメの書籍

オススメの書籍って書きましたが、正直なところ入門編の本は結構出ていますし、内容はさほど変わりません。
正直書店に行って、さっと読んでみて自分が読めそうなわかりやすい本を読んでみてください。
まず興味を持ってもらうことが一番です。
投資の道へ踏み出す一歩目が大切なのです!

ちなみに僕は最初にこれを買いました。
当初購入したのは2014年版で、より新しく「最新版」になっています。
他は関連図書を貼っておきました。

記事リンクはこちらから↓