デジタル

注目のドラマ!!21世紀ビジネスを目指す「会社は学校じゃねぇんだよ」(AbemaTV)

記事リンクはこちらから↓

会社勤めをしているとギャップと戦うことが多いです。

正直なところ同じ場所に身を置いていると、いつの間にか会社が作り出す雰囲気に個性が普遍化していきます。

一種の洗脳です。個性的で、特殊な人間は嫌われることが多いです。


最近YouTubeを見ていると、

久々に”アツい”ドラマに出会いました。

自分のスタイルが肯定された思いでした。

そのドラマがこちら

「会社は学校じゃねぇんだよ(AmebaTV)」

AbemaTVの開局2周年記念オリジナルドラマです。毎週土曜日22:00から放送されています。

AbemaTVでも見ることができますし、YouTubeでも見ることができます。もちろん無料です。

ストーリーモデル

このドラマは2つのストーリーモデルに基づいて作成されています。

1つがAbemaTVを設立したご存知サイバーエージェント社長の藤田晋氏(@susumu_fujita著書「渋谷ではたらく社長の告白」

(ブロブ「会社は学校じゃねぇんだよ」はこちら)

現在2話目まで放送しています。

とりあえず見てください!

すぐに引き込まれますので!(リンク貼っておきます)

会社は学校じゃねぇんだよ(第一話)

学生社長をしていた藤村鉄平が、一人の社長に憧れベンチャー企業に入社。しかしそこには想い描いた理想と違う現実が。

権力、地位、名声、資本、縦社会の裏側に直面。

企業を退社し、自分で起業する。同期の火高拓海とともに21世紀型のビジネスを作り上げると決意。


【YouTubeリンク「会社は学校じゃねぇんだよ(第一話)】

会社は学校じゃねぇんだよ(第二話)

会社時代同じ企画事業のメンバーだった笹川翔太が仲間に加わり、ビジネスが始動するはずだった。

しかし笹川は前会社の社長のスパイ。裏切りを受けます。藤村と火高は投資家から支援を受けるため、起業者が集まる「awabar」へ。

そこで出資者の森永泰三に出会う。

【YouTubeリンク「会社は学校じゃねぇんだよ(第二話)】

ここで名シーン!

たくさんの若手起業家や経営者が森永に出資を受けようと列を成す中、割って入る藤村。

周囲を納得させるため地面に落ちたパスタを食えるかと森永に言われ、食べる藤村。

周りはその姿を冷やかすが、藤村は

落ちてるパスタ食ってんじゃねぇ!夢のカケラ食ってんだ!

そしてそれに賛同し一緒に食べる火高。

その姿に森永も感銘を受ける。

金を出すときは人に対して投資すると決めている。何を食うかじゃない誰と食うかや。

森永も自分が落としたパスタを食べる。

といった感動シーン!

3人がカッコよすぎて鳥肌が立ちました。正直しびれました!

 

ざっくり紹介しましたが、ストーリー性が面白いです。

ドラマ内に出てくる実物をもじった伏線が隠されていますので、

そのちょいネタを探すのも面白いです。笑

次回も楽しみです。

 

 

このエンディングソングもとてもいいですね。
 AK-69 – 「Forever Young feat. UVERworld」

 AK-69 – 「Forever Young feat. UVERworld」YouTubeリンク

メッセージ性のある曲です。
冒頭で「ブルハ、尾崎、永ちゃんが教科書」って歌詞があります。
今も、過去も自由でまっすぐなスタイルが輝かしいのは変わりません。
しかし輝かしい憧れで終わってしまっては意味がありません。
やるもやらないも自分自身ってことは変わりませんが、今は時代が後押ししてくれます。
できるツールはそろっていますし、可能性は大きくあります。
人はやはり自由であるべきで、個性を持つことは大切です。
好きでもない仕事なら会社で体ボロボロになって働いて、人のために生きる人生は結局何も残りませんから。

 


自分と社会の役割

実際に僕自身も入社してから自分のスタイルはずっと大事にしています。

その結果、あまりいい扱いを受けて来なかったのは事実です。

「俺が間違っていたのか」と思ったこともありましたが、そんなことは気にせず今でも突っ走っています。

著書やこのドラマもそうですが、そんな個人の目標、アイディア、努力、葛藤、苦労を肯定してくれます。

会社でいい子ちゃんしてもしょうがないです。

僕の実年齢30歳ですが青二才です。笑

まだまだ甘ったれた青臭いことが恥じらいもなく言えます。

夢を忘れた人。志を失った人。はっきり言って企業の奴隷になります。

本当にいい人でもそんな上司が苦労する姿をたくさん見てきました。

だからこそ会社に染まることなく、こうしてビジネスを考えたりして柔軟な脳みそを作ってきているとも思っています。

記事リンクはこちらから↓