セブンイレブンの神がかったマネタイズ!ジェネリック銘菓

記事リンクはこちらから↓

今日は街で見かけるあの商品に目を向けて紹介したいと思います。

知ってる人も多いと思います。そう、

「ジェネリック銘菓」

販売するのはセブンイレブンのコンビニエンスストア。

「ジェネリック銘菓」とは?


地方の銘菓(お土産のお菓子)に見た目や味がよく似た、コンビニエンスストアのプライベートブランド菓子のことです。

先発医薬品の特許期間満了後に別のメーカーが同じ有効成分と製法で製造し、安価に販売する 「ジェネリック医薬品」にちなんだ造語です。

なるほど!と思った人もいるのでは!

パッケージを見るとセブンイレブンオリジナルだが、

実際の商品を買って、見た目や味で「これお土産でもらったアレみたいだな」って思った人もいるでしょう。

そういゆうことなのです!美味しかったお土産が近くで簡単に手に入っちゃいます!

これで子供やお孫さんにねだられても買えますね!

ではいくつか商品を見て生きましょう!

 

商品銘柄ラインナップ


<シュガーバターの木>

東京土産の定番「シュガーバターの木」(銀のぶどう)

サックとした食感の生地の中にシュガーバターが入っているアレです。

これが本元「シュガーバターサンドの木」

シュガーバターサンドの木
出典: 株式会社 グレープストーン HP

こちらがジェネリック「セブンカフェ 香ばしシリアル&ミルキーショコラ シュガーバターの木」

セブンカフェ 香ばしシリアル&ミルキーショコラ シュガーバターの木
出典: セブンイレブンHP

そのまんまです!てか商品名がそのもです。

と言うのも銀のぶどうがセブン&アイ限定版として発売しているからそれは一緒になりますね!

気になるお値段はというと

本家 ジェネリック
1個当り単価 76円 79円

※本家は7個入り535円で単価算出。ジェネリックは3個入りで237円。

一個単価はやや高いが気にならない程度の範囲。

 

では次の商品にいって見ましょう

 

<六花亭マイセンバターサンド>

北海道の銘菓、六花亭バターサンドです。

パッケージと商品を見たらすぐに「あっ!知ってる!」ってなると思います。

こちらが本家「六花亭マイセンバターサンド」

六花亭マイセンバターサンド
出典: 六花亭 HP

 

こちらがジェネリック「セブンカフェ 濃厚クリームのレーズンサンド」

セブンカフェ 濃厚クリームのレーズンサンド
出典: セブンイレブンHP

こちらのそっくりです!

お値段はと言うと、

本家 ジェネリック
1個当り単価 125円 118円

※本家は4個入り500円で単価算出。ジェネリックは3個入りで354円。

と若干安めの価格設定です!

 

ではでは次の商品

<博多通りもん>

福岡のお土産として大人気の博多名物のお菓子です。

柔らかい白あんが舌の上でとろける

博多名物の傑作まんじゅう「博多通りもん」

博多通りもん
出典: 株式会社 明月堂 HP

セブン&アイのマジックにかかるとこうなる

しっとりまろやかミルク餡まん

しっとりまろやかミルク餡まん
出典: セブンイレブンHP

そして価格帯、

本家 ジェネリック
1個当り単価 112円 93円

※本家は5個入り560円で単価算出。ジェネリックは3個入りで278円。

とこちらは強気の価格設定です!

 

店頭商品をよく見ると、地方の銘菓だけでなく、

例えばスナック菓子やチョコレートもセブン&アイのパッケージだが、「もしかしてあれかな」って思うものもありました。

 

でもやっぱり本家のがいいって人は普通にメーカーからお取り寄せもできますし、

Amazonや楽天なんかでも売ってます!笑

 

 

 

最後にまとめになりますが、

せっかくブログ掲載したので少し違う見方につなげていくと、

今回の「ジェネリック銘菓」はユーザーに地方銘菓を身近に感じさせるメリットがあるほか、

アイディアとしてもマネタイズの好戦略を伺うことができます。

同様な販売戦略は他業種でも行える可能性は十分にありそうです。

運営するセブン&アイホールディングは売上高の推移も好調です。

これからどんな面白いものを世の中に生み出すか期待です。

 

記事リンクはこちらから↓