スポンサーリンク

最近はニュース記事を読んでいるだけでワクワクします。

僕の最近の目標ですが、日経新聞掲載より先に情報をキャッチした件数を増やすことです。笑

結局はウェブ上、ソーシャル上で情報収集するのですが、日本代表の日経新聞に勝つためゲーム感覚でやってます。笑

 

さて、先日のブログでAIスピーカーをもう一つ購入しようか検討していると記事掲載しました。

(掲載記事:Amazon EchoかPC周辺機器か欲しいものがありすぎる悩み。。)

昨日の日経のニュース記事から情報をシェアします。

AIスピーカー 第二世代へ


昨日の日経からトピックスです!

「AIスピーカー、早くも次世代 画像認識や企業向け | 日本経済新聞」

購入をとどまってよかった。笑

というか開発のスピードが本当に早すぎる。

すぐに画期的なものがどんどん生まれていますね。

ではニュースの内容を交えていきましょう!

LINE(ライン)


まずはLINE。LINEは自社のAI「クローバ」と連携し「Clova」とういうAIスピーカを販売しています。

機能は、いろんな情報を教えてくれたり、音楽を再生したりと標準的なものに加え、

LINEの送受信をしたり、LINE無料電話をできるのが自社製品の強みです。

ではこれから第二世代へ駒を進める上での取り組みは、

発信者を確実に把握するための画像認識機能の追加を目指すというもの。

このことで1台のスピーカーを家族で共有している場合の用途を充実させる方向です。

・音楽サービスで特定の人物が好む曲だけが再生なれないようにする

・複数人周囲にいるときはLINEを読み上げない

といったように、現在の製品を改善してより利便性を高めていくような感じです。

Amazon(アマゾン)


さて米大手企業はいかなる方向性に向かうのか。

米アマゾン・ドット・コムが販売するのは、Amazon Echo。

Alexa(アレクサ)と呼ばれる人工知能(AI)が搭載されています。

AmazonEchoのできることは過去の記事を確認ください。

(掲載記事:Amazon EchoかPC周辺機器か欲しいものがありすぎる悩み。。)

では次ステップは、

ターゲットを家庭だけでなくビジネス用途に入り込むといったもの。

PCと連動させることでスピーカーで会議日程を調整でき、

会議に参加すると話しかけることでテレビ会議システムが作動したり。

こちらは需要をどんどん拡大していくような方向です。

Google(グーグル)


そしてやはり出てくるのはGoogle。

この分野においてGoogleは遅れを取ることはないでしょう。

今発売しているのは「GoogleHome」

僕も愛用しています。用途は過去掲載記事で説明しています。

(掲載記事:Google Home mini購入!AIスピーカが余計な時間を削減!快適な暮らしに!)

ではどんなアイディアを見せてくれるのか。

Googleは家電メーカーとタッグを組み、画面付きAIスピーカーを今年7月に投入。

(Amazonはすでに画面付きスピーカーを発売済)

強みとしてGoogle傘下の動画投稿サイトYouTubeに接続できるということ。

既存シェアとの融合を狙う形になりそうです。しかしこれも人気になりそうな予感。

まだまだ遅くない!AIについて学ぼう


AIに関するコンテンツも当ブログは充実してきました。

これからAIと共存して生きていかなければならないの目に見えています。

僕自身もAIの魅力に魅了されてきています。

今からでも遅くないのでAIについても個人として見解を深めていくことをおススメします。

当ブログの過去掲載記事からもAIについて学ぶことができますので是非見てみてください。

*過去の掲載記事*

・[テクノロジー]AI 人工知能とは?①(初心者向け)

・[テクノロジー]AI 人工知能とは?②(初心者向け)

・Google Home mini購入!AIスピーカが余計な時間を削減!快適な暮らしに!

・AI時代の1歩先をいく思考方!変化に対応するためには?

 

まとめ


ICTの技術開発のスピードって早いですね。

このAIスピーカーもIotの活用などを含めた様々な活用形態で利便性・快適性をもたらしてくれています。

まだまだ進化は続き、瞬く間に新しい製品が生まれていくでしょう。

その前に、日本人!

日本でのAIスピーカー所有率は8%

アメリカは21%

とりあえず使ってみましょう!本当に便利です。

てかいろいろ面白いです。

食わず嫌いはダメですよ日本のみなさん。笑

当記事で紹介した現行の商品は以下から購入できますので、

是非この機会に購入してみてください。

 

*LINE Clove WAVEの購入はこちら*

*LINE Clova Friendsの購入はこちら*

 

*AmazonEchoの購入はこちら*

*Google Homeの購入はこちら*

スポンサーリンク
おすすめの記事