Google Authenticator

【仮想通貨】二段階認証(Google Authenticator)は引き継げない?(機種変更時の注意点)

記事リンクはこちらから↓

*スポンサーリンク*




仮想通貨で取引する場合、比較的多くの取引所で推奨されているのが二段階認証の設定です。

二段階認証を行うのはもちろんセキュリティです。

ログインIDだけでなくもう一段階認証を行うことでハッキングや不正売買を防止する効果あります。

二段階認証でよく使われるのがGoogle Authenticatorというアプリケーションです。

名の通りgoogleが開発した二段階認証トークンソフトウェアです。

先日、自分のiPhoneを破損してしまった話をしました。

新しい機種に変更する場合、itunesやiCloudのバックアップ復元で元通り使えるかと思ったら大間違いなんです。

Google Authenticatorはバックアップで復元されません。

つまり、

最悪使えなくなってしまいます。

一度使えなくなってしまった場合、二段階認証の解除申請を取引所に行うなど面倒なことになります。

今回は二段階認証のバックアップ方法と機種変更時の際に、各取引所における二段階認証Google Authenticatorを解除する方法を解説します。

 

バックアップ方法①:複数台の端末にてバックアップ


そもそも、Google Authenticatorの設定をするときはQRコードを読み取ります。

認証されれば6桁の暗証番号が表示されるといった形態をとっています。

事前バックアップとしては複数端末にてこの認証を行っておくと良いでしょう。

そうすることで1台でわからなくなってももう一台にしっかり残っていますので安心です。

バックアップ方法②:QRコードを保存しておく


もう一つは、Google Authenticatorの設定時に表示されるQRコードを保存しておくことです。

どうやって?簡単です。スクリーンショットでデータ保管しもいいですし、印刷して紙媒体で保管でもいいんです。

再度設定する時にQRコードを読み込めれば再設定することは可能です。

二段階認証を解除する方法(機種変更前)


一時的(機種変更時)に二段階認証を解除する方法です。

本来であればセキュリティ上、二段階認証は大切です。

ですがQRバックアップ管理を行ってない、または面倒だから解除したいなどは各取引所にて解除を行います。

そうすることでログインできない、取引できないといった最悪の事態は回避できます。

では各取引所で解除する方法を見ていきます。

(自分で説明するより詳しい説明がたくさんあるのでリンクを掲載します)

Zaif(ザイフ):二段階認証解除方法

リンク:【Zaif(ザイフ)】二段階認証を解除する方法|かんたんブログ

 

bitFlyer(ビットフライヤー):二段階認証解除方法

リンク:ビットフライヤーの2段階認証!スマホ(iphone)の設定や解除方法!|はじめての仮想通貨

 

coincheck(コインチェック):二段階認証解除方法

リンク:【coincheck(コインチェック)】二段階認証を解除する方法|かんたんブログ

 

Binance(バイナンス):二段階認証解除方法

1.Binanceにログイン

2.人マーク内のAccountをクリック

Binanceログイン1
Binance ログイン|KOMOREBI BLOG

3.「Google Authenticator」→「Disable]をクリック

Binance二段階設定解除
Binance 二段階設定解除|KOMOREBI BLOG

 

4.解除完了

 

機種変更後は再設定しましょう


機種変更が終われば必ず二段階認証の再設定を行いましょう。

ハッキングやフィッシングサイトに引っかからな為にも日頃のセキュリティ管理は必須です。

自分の大切な資産は自分で守らなければなりません。

投資は全て自己責任。誰も保証してくれませんからね。

 

 

 

記事リンクはこちらから↓