チャート

<投資入門>PBR(株価純資産倍率)ファンダメンタルズ分析#2

記事リンクはこちらから↓

=スポンサーリンク=





前回説明した。PERと並んで代表される投資指数を紹介します

掲載記事:<投資入門>PER(株価収益率)ファンダメンタルズ分析#1

PBR(Price Book-value Ratio)


PBR(Price Book-value Ratio)「株価純資産倍率」と言います。

株価が1株純資産の何倍かを示す尺度で株価を1株あたりの純資産で割ることで算出されます。

PBR= 株価 ÷ 1株純資産

 

例えば

  • 純資産100億円
  • 発行済株式枚数1,000万株

とした場合、1株純資産は1,000円となります。

株価が1500円とすれば、PBRは1.5倍となります。

 

一般的にPBRが1倍以下を株価に比べて割安と判断されます。

つまり純資産と比べて割安度がわかり、会社の「解散価値」を判断するのに使われます。

「解散価値」とは企業が事業をやめて解散した時にどれくらい資金が返ってくるかを示します。

当然PBRが1倍以下の方が純資産割合が多いので、多く返ってくることになりますよね。

また割安と判断されているとうことは株価が下値(底値圏)にあるとの見方もできます。

 

*Point*


・PBRは1倍以下が割安と判断

・PERと同様、業種平均にて判断すべき(一概に1倍以下が割安と決めつけない)

・成長性が低く割安のまま放置されているものに注意!(割安評価だけでは上昇しない)

・会社の資産内に所有不動産や保有有価証券での含み損や公になっていない借金は含まれないので注意。

・低成長期(経済不況)にはPBRが重視される(不景気では会社も利益が上がらない=PERは妥当でない)

 

=スポンサーリンク=


記事リンクはこちらから↓