チャート

<投資入門>EPS(一株あたり純利益)ファンダメンタルズ分析#5

記事リンクはこちらから↓

=スポンサーリンク=




ファンダメンタルズ分析の基本解説5回目です。

銘柄選定を行う上で、投資するのは企業を決めていくならば業績のいい企業や伸びている企業を選ぶのが基本です。

そこで業績良好かどうか決めるのに必要な指標であるのが「EPS」です。

過去の掲載記事でPER(株価収益率)を算出する際に用いました。

株式市場において重要な指標になりますので確実に抑えましょう。

EPS(Earnings Per Share)


「EPS(Earnings Per Share)」とは「一株あたり純利益」を言います。

企業の利益を一株あたりで見たときの数値です。

一株利益、一株あたり利益、一株あたり当期利益とも呼ばれることもあります。

EPSは当期純利益を発行済株式数で割ると求めることができます(計算式は以下の通り)

EPS = 当期純利益 ÷ 発行済株式数

単純に純利益が上昇すればEPSも上がり、発行株式数を減らすことでもEPSは上昇します。

反対に企業が増資などで発行株式数を増やせばEPSが減少します。

ちなみに 株価=EPS×PER  で算出します。

つまりEPSの上昇は株価が上がっていくことに直結する指標です。

 

では株を購入する場合の銘柄選定についてですが、

EPSは過去からの推移を見て判断していくことも重要です。

EPSが伸びている=業績良好な企業

と判断でき、大きな評価ポイントと言えます。

「四季報」などにも各企業におけるEPSの推移が掲載されていますので確認してみてください。

またEPS上昇、株主への配当(利益還元)も伸ばしていれば今後株価の上昇に繋がる魅力的な企業となるでしょう。

 

 

*Point*


・企業の収益性を見るのに重要な指標である。

・「EPS = 当期純利益 ÷ 発行済株式数」で求めることができる

・EPSの上昇は株式投資をしていく上で必要な指標である。

・過去のEPS推移と比較し、企業の業績や成長度を見極めていく。

 

 

 

 

ファンダメンタルズ分析関連記事


過去4回の掲載記事も参考にご覧ください。

<投資入門>PER(株価収益率)ファンダメンタルズ分析#1

<投資入門>PBR(株価純資産倍率)ファンダメンタルズ分析#2

<投資入門>ROE(自己資本率)ファンダメンタルズ分析#3

<投資入門>ROA(総資産利益率)ファンダメンタルズ分析#4

 

 

 

 

=スポンサーリンク=

 

記事リンクはこちらから↓