money

<投資入門>成長株(グロース株)と割安株(バリュー株)

記事リンクはこちらから↓

=スポンサーリンク=




今回は成長株(グロース株)と割安株(バリュー株)について解説していきます。

投資対象として個別銘柄を選定していくうえで、企業を分析していきます。

そのときにどちらのスタイルで優良株を探していくのか。

言葉のニュアンスで想像できますが、それぞれの意味と投資手法を説明します。

 

成長株(グロース株)


現在成長している(売上や利益が高く取れている)企業に投資していくのが成長株銘柄です。一般的には「グロース株」と言います。業績に追従して株価の上昇を狙います。そもそも投資は株価の上昇を期待して行うもので、成長株投資は手法としては入門です。

成長株ゆえに、順当な利益上昇(自然な右肩上がり)が期待でき、投資家人気のある銘柄が多いです。長期目線で優位であるといえます。

反対にリスクは小さく、リターンも小さい分、爆益に繋がる起爆剤には相当な材料がいることになります。

 

 

割安株(バリュー株)


割安株は業績(本来の価値)の割に株価が低いと考えらるものや、成長が期待されていない(目に止まっていない)銘柄を言います。一般的に「バリュー株」と呼びます。

バリュー株の狙いはここにあります。

実績や成長度、将来性があるにも関わらず、割安のまま放置されている。その本来の価値を査定していくわけです。

そして株価が適正になったところの値幅(トレンド転換)を狙って投資しておくのがバリュー株投資です。

こちらはいつ株価上昇に出会えるかはわかりませんが、将来的に大きな値上がりを期待できることが醍醐味です。

 

 

まとめ(両者の比較)


「成長株」は、市場シェアを増やし、増益増収している成長企業に対し、今後の成長に期待して投資するわけです。

「割安株」は、実績よりも低く評価されている、または低評価のまま放置されている銘柄に投資します。

堅実投資で長期的に保有するのであれば成長株銘柄選定に注力すべきでしょう。

いつ何時起こるかわからない、”穴場銘柄”を探し当てたいのなら、割安株銘柄を見つけましょう。

 

ファンダメンタルズ分析関連記事


ファンダメンタルズ掲載記事も参考にご覧ください。

<投資入門>PER(株価収益率)ファンダメンタルズ分析#1

<投資入門>PBR(株価純資産倍率)ファンダメンタルズ分析#2

<投資入門>ROE(自己資本率)ファンダメンタルズ分析#3

<投資入門>ROA(総資産利益率)ファンダメンタルズ分析#4

<投資入門>EPS(一株あたり純利益)ファンダメンタルズ分析#5

<投資入門>BPS(一株あたり純資産)ファンダメンタルズ分析#6

<投資入門>PCFR(株価キャッシュフロー倍率)ファンダメンタルズ分析#7

 

 

=スポンサーリンク=

 

 

 

 

 

記事リンクはこちらから↓