証券取引所

<投資入門>「時価総額」についての基礎知識と解説

記事リンクはこちらから↓

=スポンサーリンク=




株式市場や経済関係の話題でよく耳にする「時価総額」という言葉。

言葉のニュアンスでなんとなく分かるかもしれませんが、基礎知識としておさらいしていきます。

また株式市場といかに関係しているかも解説します。

時価総額(Market capitalization)


・時価総額とは?

「時価総額(Market capitalization)」とは簡単に言えば企業価値の評価です。

企業規模を表す時にもこの時価総額で言う時がよくあります。

単純ですが非常にはっきりとしたものさしで価値を判断できる指標です。

株価に発行済株式数をかけて計算されます。(計算式は以下で算出)

時価総額 = 株価 × 発行済株式数

時価総額は株価の値動きに比例します。市場が動いている時は常に変動してます。

もちろん発行済株式数でも変わっています。

この時価総額で何が分かるのかというと、

単純に株価と発行済株式数で企業価値を評価するものです。

つまり、

「株価が高い+発行済株式数が多い=企業価値が高い」

と評価されます。

また時価総額は将来に対する期待を表したりもします。

 

国内外の時価総額ランキング上位企業をみて見ると、誰もがご存知ビック企業が名を連ねています。企業規模や信頼度が評価されているのがわかります。

・投資との関係性

まず時価総額が大きい企業は倒産や買収などのリスクが極めて低いことがメリットです。

時価総額が高さが信用に繋がっている理由です。

また時価総額が大きい企業銘柄は、流動性がよく、安定しています。

出来高も十分にありますし、とんでもない値動きをすることはありません。

投資初心者で投資手法や銘柄選定が不十分なか方は、とりあえず時価総額上位の株を買ってみてもいいかもしれません。

 

・時価総額上位ランキング(日本)

日本の時価総額上位はトヨタ、NTTドコモ、NTT、ソフトバンク、三菱UFJとなっています。トップのトヨタで約23兆円です。(H30.7.6現在)

*参考までに日本の時価総額ランキングを確認してみてくだい。

時価総額上位ランキング|日本経済新聞

 

・時価総額上位ランキング(米国)

米国市場時価総額ではApple、Amazon、Microsoft、アリババ、Facebookが上位5社となっています。トップのAppleで約92.3兆円です。(H30.7.6現在)

*参考までに米国の時価総額ランキングを確認してみてくだい。

時価総額上位ランキング|Yahoo!ファイナンス

 

*Point*


・時価総額=企業価値の評価である

・企業規模をいう場合もある

・時価総額 = 株価 × 発行済株式数

・時価総額が大きければ、企業価値も大きい

・国内外問わず、上位はビック企業である

 

ファンダメンタルズ分析関連記事


ファンダメンタルズ掲載記事も参考にご覧ください。

<投資入門>PER(株価収益率)ファンダメンタルズ分析#1

<投資入門>PBR(株価純資産倍率)ファンダメンタルズ分析#2

<投資入門>ROE(自己資本率)ファンダメンタルズ分析#3

<投資入門>ROA(総資産利益率)ファンダメンタルズ分析#4

<投資入門>EPS(一株あたり純利益)ファンダメンタルズ分析#5

<投資入門>BPS(一株あたり純資産)ファンダメンタルズ分析#6

<投資入門>PCFR(株価キャッシュフロー倍率)ファンダメンタルズ分析#7

 

株式投資関連記事


株式投資関連記事


株式投資掲載記事から基礎知識が学べます。参考にご覧ください。

投資の基本#1 投資って?

投資の基本#6 成長株(グロース株)と割安株(バリュー株)

 

 

 

=スポンサーリンク=

 

 

 

 

 

 

 

記事リンクはこちらから↓