ビジネス データ

<投資入門>「財務諸表」についての基礎知識と解説

記事リンクはこちらから↓

*スポンサーリンク*



株式投資においての基本知識と解説を行うコーナーです。

今回は会社経営状況を知るうえで大切な財務諸表の1つ「キャッシュフロー計算書」について解説します。

こちらも投資判断には非常に重要な材料となりますのしっかり抑えていきましょう。

 

財務諸表


・財務諸表とは?

まず企業業績や経営状況を数字から判断するために必須なのが「財務諸表」です。

財務諸表は、企業の財務的な業態を示すものになります。

企業の健康診断書と言われることもあります)

企業の財務内容が明らかになっていることから、財務諸表をを読めることはとても重要なのです。

また、投資家や債権者など企業の利害関係者への報告するために、正しく作成する義務があります。

基本は「貸借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」の3つの財務諸表に集約され財務三表と言われます。

・貸借対照表

賃借対照表はバランスシート(B/S)呼び、全てのデータの出発点になる重要な諸表です。

一会計期間の企業財務状態を表します。

バランスシートは左右対称です。

お金をどこから集めてきたかを右側に書きます。

この時、

・株主から調達したお金を「資本」

・銀行などから借用した資金を「負債」

資金を何に使ったかを左側に書きます。

・資本や負債を使ってお金を稼ぐ財産を購入したものを「資産」と呼びます。

「資本」、「負債」、「資産」が一覧で構成させるのがバランスシートです。

・損益計算書

バランスシートを把握したら、次は損益計算書(PL)が活躍します。

一会計期間に収益を費用の関係(経営成績)を表します。

収益の総額はいくらで、

いくら費用として使ったか。

そして最終的に残った純利益はいくらか。

という内容が書かれています。

会社の収益性が見てとれます。

純利益が多ければ、会社に残った資金ということで、企業の将来の軍資金になります。

・キャッシュフロー計算書

キャッシュフロー計算書(cash flow statement)は(C/FまたはC/S)は現金収支を示す財務諸表です。

現金に対する出入りを示す企業の家計簿です。

一会計期間に企業にどれだけキャッシュインがありキャッシュアウトがあった利害関係者に報告するために作成されます。

損益計算書上では「売上」だけれど、売掛金・買掛金という取引のズレがよくあります。

企業の資金状態を判断することができ、このズレによる黒字倒産の危険性予測もすることがでます。

キャッシュフロー計算書は「営業キャッシュフロー」「投資キャッシュフロー」「財務キャッシュフロー」の3つで成り立っています。

 

投資関連記事


投資関連記事のバックナンバーです。投資に関する基礎知識が学べます。

ファンダメンタルズ分析関連記事

ファンダメンタルズ掲載記事はこちら

株式投資基礎知識

株式投資基礎知識はこちら

*スポンサーリンク*

 

 

 

記事リンクはこちらから↓