ファイナンス

<投資入門>「キャッシュフロー計算書」についての基礎知識と解説

記事リンクはこちらから↓

*スポンサーリンク*



株式投資の基礎知識のコーナーです。

今回は企業の経営状況を把握する上で、キャッシュフロー計算書について説明します。

前回記事で紹介しましたがおさらいしていきましょう。

財務諸表は、企業の財務的な業態を示すものになります。

企業の健康診断書と言われることもあります)

企業業績や経営状況を数字から判断するために必須なのが「財務諸表」です。

「貸借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」の3つで財務三表と言われています。

 

キャッシュフロー計算書


・キャッシュフロー計算書

キャッシュフロー計算書(cash flow statement)は(C/FまたはC/S)は現金収支を示す財務諸表です。

現金に対する出入りを示す企業の家計簿です。

一会計期間に企業にどれだけキャッシュインがありキャッシュアウトがあった利害関係者に報告するために作成されます。

損益計算書上では「売上」だけれど、売掛金・買掛金という取引のズレがよくあります。

企業の資金状態を判断することができ、このズレによる黒字倒産の危険性予測もすることがでます。

キャッシュフロー計算書は「営業キャッシュフロー」「投資キャッシュフロー」「財務キャッシュフロー」の3つで成り立っています。

・営業キャッシュフロー

3つのキャッシュフローの中で最重要なものになります。

文字通り、営業活動によるキャッシュフローになります。

どういうことかというと、企業が本業の営業活動からどれだけのキャッシュを稼いだのか増減を示します。

外部からの資金調達に頼ることなく、本業で稼げる能力あると判断できます。

営業キャッシュフローは企業の原資になり、投資したり、借入金を返済したり、株主配当に回したりできます。

もちろんプラスであれば好調な証であり、キャッシュ優良企業です。

反対にマイナスであれば、稼ぐ能力がないとなりますので会社が立ちいかなくなります。

外部から融資を受けたり、所有している有価証券や不動産などの資産を手放すなど危うい状況である可能性があります。

・投資キャッシュフロー

投資活動によるキャッシュフローです。

固定資産や株・債権などの取得や売却、設備投資やソフトウェアなどの資産への支出を示す項目です。

投資は将来への尺度を示すので、企業がいかに利益獲得及び資金運用のため資金を流動させているのかが見えてきます。

こちらも重要なキャッシュフローになり、投資家が注目しています。

営業キャッシュフローがプラスになっている企業ほど固定資産への投資が必要ですから、新規事業や設備投資、有価証券取得など新規に投資します。なので優良企業や成長企業ほどマイナスになっている傾向にあります。

反対にプラスの場合は、土地や建物、株式を売却してキャッシュを手にしているということが分かります。

資金繰りが苦しくなって売却による資金調達を余儀なくされた状況であるとすれば、企業の未来つまりは先行きが厳しいと判断せざる得ません。

以上のように、投資キャッシュフローから推測できることは、将来予測に繋がる重要な項目になってくるのです、

・財務キャッシュフロー

財務活動によるキャッシュフローです。

3つのキャッシュフローから経営判断を行う上では最後に検討されます。

企業が株主や債権者(銀行など)からどの程度の資金を調達し、どの程度配当や返済等を行ったかを示します。

財務活動によるキャッシュフローとは、資金調達と還元・返済を表す項目になります。

つまりは資金の入口・出口になります。

借入金や社債で資金調達を行うとプラスになります。

還元や返済額より調達額が大きいとの見方もできます。

マイナスであっても何ら問題はありません。

株主への還元(配当金支払い)や借入金の返済を行ったことになります。

財務キャッシュフローは比較的企業意向で裁量が効きやすいことから、営業・投資キャッシュフロー状況により調整される役割で機能します。

 

*Point*


営業キャッシュフローはプラスが良い

投資キャッシュフローはマイナス傾向が良い

財務キャッシュフローは上記2つに合わせて機能する

 

投資関連記事


投資関連記事のバックナンバーです。投資に関する基礎知識が学べます。

ファンダメンタルズ分析関連記事

ファンダメンタルズ掲載記事はこちら

株式投資基礎知識

株式投資基礎知識はこちら

*スポンサーリンク*

 

 

記事リンクはこちらから↓