money

<投資入門>「フリーキャッシュフロー」についての基礎知識と解説

記事リンクはこちらから↓

*スポンサーリンク*



投資に関する基礎知識のコーナーです。

企業を分析していく上で、経営状況を見るときに重要な指標を紹介します。

前回まで、財務諸表とキャッシュフロー計算書について見てきました。

財務的な面で企業の健康診断書とされる「財務諸表」、

資金に対する出入りを示す企業の家計簿「キャシュフロー計算書」と3つのキャッシュフローについて説明しました。

今回はキャッシュフローのなかでもう1つ重要なキャッシュフロー「フリーキャッシュフロー」についてです。

フリーキャッシュフロー


・フリーキャッシュフローとは?

フリーキャッシュフロー(FCF)とは、簡単にいうと会社が自由に使えるお金のことです

企業が本来の事業活動等によって生み出すキャッシュフローのことです。

フリーキャッシュフローは本業によって稼ぎを示す「営業キャッシュフロー」から固定資産や株式、設備投資など投資に対する支出を示す「投資キャッシュフロー」を引いて求めます。

FCF = [営業キャッシュフロー] -[投資キャッシュフロー] 

こちらはすぐにわかる数値から簡易に近似値を算出することができる簡易式になります。

・FCFがプラスの場合

FCFさえ十分にあれば、銀行に頼らず(借入等の財務活動を含まない)、純粋に事業だけで得られたキャッシュフローで新規に事業や設備に投資できる能力があるわけです

それに加え、借入金がある場合はの早期返済したりや預金の増加、自社株買い(株主還元を図る)、M&A(合併・買収)が可能になるので、FCFは多ければ多いほど経営状態は良好だといえます。

また融資を受けていない分、サイズもリスクも取れた投資ができます。FCFがプラスの企業は将来を見据え戦略的に事業展開を行うことにも繋がっていきます。

・FCFがマイナスの場合

反対に手元にお金がない、お金を生み出せない状態(フリーキャッシュフローがゼロもしくはマイナスの場合)自由に使える資金がなく、会社を維持するためには資産の売却や借入など、資金調達することが必要となってきます。

会社を維持するために事業を行うとなると将来や成長のための事業展開は二の次になります。そうなると財務的にも事業的にも拡大は困難=会社の経営としても存続が厳しいのでは?判断します。

・FCFの有効活用

単年でキャッシュフロー計算書を見るのではなく数年分(少なくとも5期分)を見比べて見ましょう。

またFCFの状況を踏まえて、その企業の経営者はどんな人物で自由なお金をどう使えるか、将来的にどんなビジョンを掲げて事業に取り組んでいるか(中期経営計画)など見解を深めて、総合的に判断するようにしていくと面白いです。

 

*Point*


・フリーキャッシュフロー (FCF)は会社が自由に使えるお金を示す

・(簡易式で求める)FCF=営業キャッシュフロー]-[投資キャッシュフロー]

・FCFがプラスであれ良好な経営状況である

・FCFは数期分をチェックし、またFCFだけでなく企業を総合的に判断する

 

投資関連記事


投資関連記事のバックナンバーです。投資に関する基礎知識が学べます。

ファンダメンタルズ分析関連記事

ファンダメンタルズ掲載記事はこちら

株式投資基礎知識

株式投資基礎知識はこちら

 

*スポンサーリンク*

 

 

 

 

 

記事リンクはこちらから↓