スポンサーリンク

久しぶりの注目ニュース記事のコーナーです。

なぜなら、この記事をブログに掲載しない理由がありません。

とても興味深く、ワクワクするニュースがありましたので紹介します。

サッカーの本田選手がVBファンド設立、米俳優W・スミス氏と110億円規模 |日本経済新聞

みなさんご存知、サッカーW杯日本代表の本田圭佑氏が、ビジネス界に置いて新たな活動に動き始めました。

ベンチャーファンド設立

日本で約1億ドルを集めて投資ファンド(ベンチャーファンド)を月内に設立します。

名称は「ドリーマー・ファンド」。

日本では野村HDが参画。機関投資家や大口個人投資家から資金を募るそうです。

その金額約1億ドル(日本円にして約110億円)です。

 

パートナーにウィル・スミス氏

さらに驚くことはウィルスミス氏とタッグを組みます。

米国で超有名俳優のウィル氏は、超一流の俳優で映画や音楽にも精通しています。

ビッククラブでプレー経験もありW杯でもゴールを決めた本田氏はスポーツ界で名の知れた選手。

このビックネーム2人の組み合わせは新しいものを生み出してくれそうな予感です。

主な投資先

主な投資先として、

米国の新興企業やスタートアップ企業を中心に投資していくそうです。

ユニコーン(企業価値10億ドル以上)企業は近年上場前の価値高騰が著しく、上場後の投資リターンが限定的になりつつある。いち早く投資するにはインナーサークルの情報が重要だが、日本からは接点が少ないのが実情だ。(日経新聞)

投資先はスポーツや映画関連に限定せず、幅広く事業検討を行うそうです。2人が直接、投資先の面接を行うこともあるみたいです。

 

ファンド設立による問題解決

本田圭佑氏「金融の慣習にとらわれないファンドに」|日経新聞


日経新聞(By youtube)

本田氏が語る目的とは、貧困を解決することを課題としているそうです。

本田氏はサッカーを通じて世界で若手の人材育成やさまざまな活動をしています。

彼に「最もクールな選手」のひとりと本田氏の名前をウィルは挙げました。

このファンドを通じて、富や教育、テクノロジーが遅れていることを解決したい。

「take back freedom(自由を取り戻せ)」のキャッチフレーズのもと、

結果にコミットし、新しいものを生み出していきたい。と意気込んでいます。

これからどんな新しい原石を発掘し、世の中に送り込んでいくのか、ビックサプライズに期待したいです。

 

*スポンサーリンク*



スポンサーリンク
おすすめの記事