スポンサーリンク

投資に関する基礎知識のコーナーです。

今回は「株式分割」についてです。

株式が分割?そうです。2分や3分することを言います。

株式を分割することで買材料として見られることが多いです。

なぜ投資家にとってメリットになるのか見ていきましょう。

株式分割

・株式が分割される⁈

まず株式分割とは、文字通り株式を分割することです。

1株を2株や3株に分けますということです。

となると企業の発行済株式数は自動的に2倍、3倍と増えます。

投資家から言えば100株所有していれば200株、300株に分割することで持ち株数が増えます。

・分割しても価値は変わらない

分割したとしても株主資本総額には変化がありません。

持ち株数が2倍になっても株価は1/2になるということです

例えば株価2,000円の銘柄を100株所有していたとして、2分割するとします。株価は1,000円に減らして所有数を200株にすので資本総額に変化はないことになります。

分割前:2,000×100=200,000円

分割後:1000×200=200,000円

なので、分割しただけなのです。

こんなことしても何になるのでしょうか?

ではどんなメリットがあるか見ていきます。

・1株あたり配当が変わらなければお得になる

1株あたりの配当が株式分割行ったことで2分されたとします。

<例>

分割前:1株あたり100円×100株の配当金10,000円

分割後:1株あたり  50円×200株の配当金10,000円

これを株式分割するときに配当金を据え置く企業があります。

こうなると、

据 置:1株あたり 100円×200株の配当金20,000

1株当たりの配当を据え置いたままだと、株主は増配と同じ効果が得られることになります。

・投資家が買いやすくなる

そもそも値段が下がれば買いやすくなります。

1株3,000銘柄を買うとき1単元100株から買付できる場合、30万必要になります。

それが分割によって1,500円まで下がった場合、最低購入額15万から買付可能になります。

目を付けた銘柄に手が届くとなると投資家側のメリットと言えます。

では企業サイドでは、単純に買い手が増えれば流動性も向上します。より多くの投資家層を獲得できる狙いがあると言えます。

・NISA枠を効率的に使える

NISA枠は年間120万円までと決まっています。

(NISAについての解説は掲載記事を見てください)

NISA(ニーサ)って何?非課税制度を使って効率的に資産を増やそう!|KOMOREBI

投資制限がある中で、銘柄選定は重要です。あれも買いたいし、あれも気になるって時に上記のように買付に最低30万必要な銘柄に投資するとそれだけで4分の1のNISA枠を消費してしまいます。

株式分割を行った場合は、その半分で済みますね。

*Point*


・株式分割は1株を分割(2分、3分)することである

・分割したとしても株式総資本額は変化しない

・配当据置すると増配同等の効果

・株式分割することで買付しやすくなり、流動性が生まれる

・NISA枠を効率的に使うことができる

上記の理由から、株式分割をすることはポジティブなアクションであり買材料視されることになるのです。

投資関連記事紹介

KOMOREBI BLOGにて配信している投資関連記事のバックナンバーです。

投資に関する基礎知識が学べます。

投資関連記事はこちら

●FX(外国為替証拠金取引)関連記事

FX(外国為替証拠金取引)関連記事はこちら

●株式投資基礎知識

株式投資基礎知識はこちら

●ファンダメンタルズ分析関連記事

ファンダメンタルズ掲載記事はこちら

*スポンサーリンク*



スポンサーリンク
おすすめの記事