baseball 

雑感の記録#4 ただ正直者であれ!

記事リンクはこちらから↓

*スポンサーリンク*



 

アツい夏が止まりません。

甲子園を見ているとアツくなってしまいました。

今年はなぜか夢中になって見ています。

単純かもしれませんがかなり感化されてます。

ってことで甲子園を見て思ったことを30歳、書きます。

 

甲子園からの学び

その1。「純度100%のまっすぐさ」

100%って出来そうで出来ていない。

人間どっかで甘えが出るし、妥協が出るし。

大人になるとそれに気づかないくらい慢性化しているケースがほとんど。

高校球児はその真っ直ぐさ故に、自分が得るものもあるし、周囲に与えるものもあるなって思う。

バカ真面目だ、暑苦しいって笑ってるアホな奴ら、大丈夫もうすでに負けてるから。

これの姿勢を忘れた大人、惰性で生きてちゃ何も学べない。何も成長しない。

サッカー 子供

 

その2。「人目憚らない正直さ」

思いっきりプレーして

思いっきり喜んで、笑って

思いっきり悔しくて、泣いて

また前をむく。そしてまた戦う。

そこに人目なんて関係ない。

多分、自分と勝負してきた奴らだから

全力でやってることがむしろ当たり前。

人目気にして少し利口に生きて何が残るの?

世あたり上手もそりゃ必要なときもあるけど、学ぶためには自分に正直であるべき!

 

その3。「誰かを思う気持ちのエネルギー」

誰かのためにやったので悔いはない、とさらっと言えますか?

勝負の世界結果が全て。

しかしなぜか勝敗ではない部分に感銘を受けてしまう。

ここまで支えてくれた両親への”感謝”

一緒に苦楽を共にしてきた仲間への”感謝”

厳しくも自分を成長させるため指導してくれた人への”感謝”

結果ではない、誰かを思う気持ち

そこに人間らしさがあり、それを持った人間は想像をはるかに超えて強い。

team

 

その4「リスペクトを持つ」

仲間、指導者、関係者、運営者全ての人に敬意を払う。

高校野球、されど蓋をひらけば勝負の世界。

仲間でもライバルがいるし、もちろん敵チームがいる。

しかしそこにも敬意を払う。

やはり日本人は武士道です。

皆にリスペクトを持つこと、こうなると自然と平和が生まれるし、

相乗的にポジティブが先行するのにな。

 

人生で必ず出会う2つの局面

少し哲学的ですが、

何かを始めて、何かを成し遂げようとするとき必ず出会う2つの局面があると思っています。

1つは「成功」

1つは「挫折」

これは不思議と必ずやってきます。

しかしどちらも巡り会うことがないと人生というストーリーは作ることができないものだと感じます。

この2つを繰り返し人に「成長」をもたらすのだと。

 

まずは「成功」

成功によって人に大きな優位性をもたらします。

それは「成長」です。

小さな成功は人を強くします。

できないことができるようになったり、努力した成果が実ったり。

人はこの成功によって一歩また一歩と向上していくこと望みます。

そして喜び、感動するのです。

 

もう1つ、必ず経験すること、

それは挫折という停滞期を経験します。

それはできるようになったことで過信したり、

欲深くなったり、人を蹴落としたり。

そんな時、突如として自信を失って自分自身を見失うことだってあります。

ただ、人に差がでるのはここから。

ここで止めれば何か残りますか?ここまでやったという過去の栄光か。

嫌いなら止めましょう。夢中に慣れないのなら止めましょう。

もし諦めが付くのなら。

それでも自分の目標が心にありに再チャレンジ出来たら?

何か目標があって皆スタートを切ったはず。。

何か決意があって推進しているはず。

だとすれば、後者を選びたい。

壁を乗り越えたとき「成長」に辿り着きます。

それは順風満帆な成功体験をはるかに上回る「成長」です。

 

大きな壁に当たっている人、成長が滞っていると感じている人、

今の自分に負けそうになっている人、そんな局面の方へ。

「プライド/高橋優」


by youtube 

高校球児はまだ高校生ながらも、たくさんの局面に幾度と遭遇してきているはずです。

だけど先ほどの4つ、もしくはそれ以上のアツい気持ちが彼らを成長させ、周囲を巻き込むのだなと。

日本教育で誇れる部分が高校野球かもしれませんね。

 

それであるべき明日があるのか

今日から、

中途半端なことならはっきりしましょう。

自分の目標はどこにあるかはっきりさせましょう。

現状維持、仕方ない、しょうがない、下手に肯定するのはやめましょう。

成長がとまります。

自分への甘えも妥協も許さない、徹底的にやりましょう。

ため息ついてんなら、成長することを考える時間に割り当てましょう。

失敗を恐れず、自分の思う”やれること”以上のとこまでやりましょう。

自分を支えてくれた人、誰かのためにって守ってあげたい人、感謝することから始めましょう。

敵だと思って人、嫌いな人にも接触なくとも1つのリスペクトを持ってみましょう。

 

本日は甲子園決勝戦です!

 

余談

「不毛不屈の精神」と持っている男と言えばこの人。

本田圭佑氏

サッカーにしろ、ビジネスにしろ常識に囚われないスタイルで活躍の場を次々と増やしています。

今回、仮想通貨交換所のイメージキャラクターに就任されたとの報道がありました。

この人物が経済界に与える影響も大きなものになりつつあります。

BITPOINTの公式ムービーがアップされていましたのでアップしておきます。

 


By youtube

 

 

 

*スポンサーリンク*



【便利ポイントサイト】まだハピタス知らないの?<登録はこちらから↓>
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

記事リンクはこちらから↓