スポンサーリンク

FXでは売買差益以外に利益を得る方法があるんです。

それが「スワップポイント」と言います。

スワップポイントとは何なのか?正しい基礎知識を身につけて損を回避しましょう。

スワップポイント(金利差調整分)

スワップポイント(金利差調整分)と呼ばれ、2国間の金利差から得られる利益です。

簡単に言えば利息のようなものです。

低金利の通貨を売り、高金利の通貨を買うことで、その金利差にあたるスワップポイントを受けることができます。

※注意点として、反対に高金利通貨を売って、低金利通貨買った場合はスワップポイントの支払いが生じます

低金利の通貨と高金利の通貨を比較して説明します。

低金利通貨を日本円0.1%、高金利通貨を豪(オーストラリア)ドル1.5%とすると、

金利差は

豪ドル1.5-日本円0.1=1.4%

となり1.4%の金利差を受け取ることができます。

長期保有することでその金利差額を毎日受け取ることができ、つまりポジション所有し続ければそれなりに大きな金額になります。ちりも積もれば山となる投資法ですね。

 

ちなみに高金利通貨ランキングはこちら

サイトリンク:世界の高金利通貨ランキング

トルコリラ17.75%、メキシコペソ7.5%など高金利を受け取ることができる通貨もあります。

 

というようにスワップポイントで手軽に利益を出す方法もFXにはあるのです。

とはいえ、実際には為替差益もありますから投資リスクを考慮した取引が大切です。

 

 

 

 

*スポンサーリンク*



 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事