Android 画面

次世代スマホは折り畳んでも、開いても使える有機ELディスプレイ

記事リンクはこちらから↓

 

既に成熟しきったスマホ市場。

新しい風を吹き込む製品が登場しそうです。

韓国大手サムスン電子(Samsung)が7日に「折り畳み式スマホ」を発表しました。

概要は以下の通り。

・画面はGalaxyシリーズでも採用している有機ELディスプレイ

開いて使えば7.3インチディスプレイ

・もちろん閉じても使え、4.58インチのポケットサイズ

・折り畳みスマホは「フォルダブル」と呼ぶらしい

・発売は2019年前半になるのか⁉︎

・価格は未発表だが安価ではないことは予想される。

・Androidが正式サポート

 

 

 

中国スマホ大手の華為技術(ファーウェイ)も19年半ばの発売を計画しているのだとか。

スマホはここ数年で爆発的に成熟した市場でもあります。

この「ファルダブル」は次世代スマホの大本命とされているみたいです。

個人的には折り畳んだ時の厚さが気になるところ。

大画面はこれから「5G」対応コンテンツに機能的にも活躍しそうな予感はします。

次世代の「スマホ2.0」を狙い、需要が集まるか注目です。

ここまでスマホやタブレット端末のスペックが向上すると、スマホがなくなる前にまずはPCが無くなりそうですね。

 

 

 

 

 

*スポンサーリンク*




 

 

本は、聞こう。Amazon audible
<「amazon audible」登録はこちらから>

 

 

 

 

 

 

記事リンクはこちらから↓