スポンサーリンク

2018” iPad Proが11月7日にリリースされました。

新作は「変えてないのは名前だけ」とするくらい進化に進化を遂げたNew iPad Pro。

これまでにないiPadの世界観に驚くはずです。

本体はもちろん付属品までも進化し、細部に到るまで徹底的にこだわりが感じられました。

ブログ1記事でまとめられないくらいたっぷりな魅力を紹介します!

 

2018" NEW iPad Pro

外観・重量

ディスプレイサイズは今までにない11インチ12.9インチの2種類にて展開。

厚さがなんと5.9㎜です!(第二世代では6.1㎜、iPhoneより薄い!

iPad Pro 12.9 iPad Pro 11 iPad Pro 10.5
(2017.06発売)
ディスプレイサイズ 12.9インチ 11インチ 10.5インチ
外寸法(㎜) 280.6×214.9 247.6×178.5 250.6×174.1
厚さ 5.9㎜ 5.9㎜ 6.1㎜
重量 631g 468g 469g

ディスプレイは「Liquid Retinaディスプレイ」で「iPhoneXR」で採用しているものと同一。

解像度は11インチが2,388×1,668ドット(264ppi)12.9インチが2,732×2,048ドット(264ppi)高解像度・高画質を両立しています。

その他ディスプレイ仕様は以下の通り(11インチ,12.9インチ共通)。

  • IPS LCD バックライト
  • Multi‑Touch
  • ProMotionテクノロジー
  • 広色域ディスプレイ(P3)
  • True Toneディスプレイ
  • 耐指紋性撥油コーティング
  • 反射防止コーティング

iPad Pro ディスプレイiPad Pro ディスプレイiPad Pro ディスプレイ

このディスプレイの鮮やかさは、テクノジーとアートの融合体ですね。

 

 

CPU/GPU

2018 iPad Pro のプロセッサには、2018 iPhone X シリーズに採用されている[A12 Bionic]の改良強化版となる[A12X Bionic]を搭載しています。

10.5インチの「A10X」よりシングルコア性能が35%、マルチコア性能が90%高速化し、市場にある92%のモバイルノートより高速とされています。

Apple公式では毎秒5兆の演算処理を行えるのだと紹介しています。

iOSデバイスのベンチマークテストでは、なんとMacBookProと同等クラスのスコアです!

それくらい十分すぎる、半端ないスペックなのです。

動画や重たいたい写真などを編集しても快適に処理してくれます処理能力です。

 

機能・スペック

新しいiPad Proは機能性はもちろん向上していますが、使い勝手がすごく良くなっています。

 

Face IDが採用

安全安心な顔認証機能でロックを解除。アプリケーションの支払いなどもFace IDで認証できます。

マルチタスクが可能

インターネットしながら、メール画面を開いて、FaceTimeでテレビ電話。なんてことができます。

 

インターフェイスが「USB-C」に

おなじみのLightning(ライトニング)が廃止され、「USB-C」がiPadで初採用。

モバイルで言えばMacBookでは採用されていますが、iPhoneやiPadでの導入はありませんでした。

写真のように一眼レフカメラやGoProなどに接続して、直接写真や動画の取込み、編集を行うことができます。

これはカメラ好きや動画編集などやってる人にはものすごく嬉しいと思います。

 

外部ディスプレイへもUSB-Cから接続可能で、これも新しいiPad Proより可能になりました。

なんと5K解像度のディスプレイとの接続にも対応。

iPad Pro USB-C採用

出典:Apple HP

 

 

やはりこの3点セットは必要

iPad Proのヘビーユーザーであれば本体合わせてと3点セットは必須になるでしょう。

これから紹介する2点に関してもユーザー視点で大きく改善し、進化を遂げました。

ipad pro Smart Keyboard Folio

こちらはキーボードとケースの一体型の商品。Bluetooth接続のキーボードで充電もペアリングも不要で使用できるすぐれもの!

従来(第二世代用)までは写真のように角度調整ができませんでした。光の加減などで置き場所など調整が大変でしたよね。ですが、第三世代用では二段階の角度調整が可能になりました。

12.9インチiPad Pro(第3世代)用Smart Keyboard Folio

Apple Pencil

スケッチするとき、写真に文字入れするとき、メモをとるときに使用する専用ペンです。

新しいApple Pencilはピクセルレベルの精密さを持ち、レイテンシーは業界トップレベルの低さ

従来まではLightningアダプタに接続して充電していたのに対し、進化したApple PencilはiPad Proの磁力を使い横に付けるだけで充電。今までのように充電しているときに非常に収納性に困るってことがなくなりましたね。

Apple pencil

 

 

価格帯

iPad Proを購入するにとき、自分の用途に合わせてカスタマイズすることで価格も変わってきます。

ディスプレイサイズはもちろん、ストレージやネットワーク接続の対応モデルでも値段は変わります。

参考までにグレードアップにかかる費用を紹介します。

本体価格

iPad Pro 価格

出典:Apple HP

本体価格

本体のディスプレイサイズにより価格が違います。

11インチ:89,800円〜

12.9インチ:111,800円〜

ディスプレイサイズ 11インチ 12.9インチ
価格 ¥89,800〜 ¥111,800〜

ストレージ

ストレージ容量 64GB 256GB 512GB 1TB
追加価格 ¥17,000 ¥39,000 ¥83,000

ネットワーク接続

ネットワーク接続 Wi-Fi Wi-Fi + Cellular
追加価格  ¥17,000

 

 

 

3点セットを揃えてみよう!

ipad pro 価格

出典:Apple HP

では12.9インチの本体を購入するとして3点セットを揃える為に必要な費用はいくらになるでしょう。Apple公式オンラインショップより公式価格を調べてみました。

●iPad Pro 本体:¥145,800
(12.9インチ iPad Pro+256GB+Wi-Fi + Cellularにカスタマイズ)

●ipad pro Smart Keyboard Folio :¥22,800

Apple Pencil:¥10,800

○合計 ¥179,400(税別)

 

 

【番外編】(余談)2018”Apple製品は当たり年⁉︎

iPad Proの魅力は伝わりましたでしょうか?

薄さと内容量の簡素化で折れ曲りやすいなんてニュースもありましたけど、無理やり折り曲げてますやん!

通常、折りまげるような力ってそうそう与えませんよね。。

そのその薄くなれば折れ曲がりやすくなるのは当然です。気にしない気にしない。

 

しかし、今年のApple製品は変化の年ですね。

機能・スペック然りデザインやカラーバリエーションなどの外観も大きく変わりましたね。

伴って値段も大きく割高にw

私もブログを通じてApple製品を紹介したり、実際に購入したりし「追っかけ」みたいなことをしている訳ですが、今年ほどいろんな製品に購入欲が働く年はありません。

本気で欲しいものが多いです。

通年で言えば、これだけフルモデルチェンジを一気に仕掛けてくるようなことがなかったような気がしますので、進化のギアを一段と上げてきているのかな?

あと、最近ですが新色としてたくさんの製品に採用しているスペースグレイっていい色ですね。

さりげない高級感漂う色合いですね。

そうそう、最近ではApple純正マウスキーボードにも使われ始めました。

今までマウス、キーボードは定番のホワイト一色でした。

スペースグレイの雰囲気にも最近取り憑かれています。素敵な色ですね。

 

 

 

 

本は、聞こう。Amazon audible
<「amazon audible」登録はこちらから>

 

スポンサーリンク
おすすめの記事